« 信州上田への乗務日記・番外編 | メイン

2018年5月17日 (木)

販売プロジェクト、出発進行!

こんにちは。えちごトキめきリゾート雪月花はこの4月、平成28年4月23日の運行開始から2周年を迎えることができました。

今日は通常の乗務日記をお休みして、専属車掌よりその関連イベントについて報告させていただきます。

Dsc_2645

「販売プロジェクト、出発進行。」と題し、4月22日(日)に初めて開催した廃品となった鉄道関連部品の販売会。

雪月花の2周年ということで、普段お出ししない雪月花に関連する商品を初めて出品いたしました!今回は解体された赤レンガや旧北陸本線の関連商品があることから、会場は糸魚川駅です。

Dsc_2655

ご覧ください。初めての試みで、とても集客に不安があったのですが、この行列です。先頭の方は前日からお並びいただいたとか!

Dsc_2677

時間となり、皆様にご挨拶申し上げ、いよいよ販売開始です。

Dsc_2682

先頭の方から順に、商品を選んでもらいます。

一方こちらは入札、抽選商品の受付けコーナー。

Dsc_2688

Dsc_2698

必要事項を記入して投書していただきます。雪月花の行先表示板(サボ)などは点数が少ないため、入札方式とさせていただきました。たくさんのご入札、ありがとうございました!

Dsc_2711

一方、即売となるレール文鎮や限定20個のレンガは、地元の方やお子様に大変人気。お品物によっては中村糸魚川駅長が梱包をお手伝いです。

Dsc_2703

「第1回トキ鉄販売プロジェクト」は入札、抽選方式を中心としたため、即売の商品は少なく、約45分間で完売となりました。

「販売プロジェクト」という名称には、単なるファンサービスではなく、第3セクターの地方鉄道があらゆる増収策に取り組む姿勢、さらに、貴重な鉄道遺産を、大事にしてくれる方に保管、活用していただきたい、という意味や願いが込められています。

Dsc_2663

今後とも、魅力あり、かつ意義のある販売プロジェクトの企画を用意して参ります。どうぞご期待ください!