乗務日記 Feed

2018年9月19日 (水)

ほくほく線の乗務日記・中編

こんにちは。今日は前回に引き続き、9月7日の特別運行「大地の芸術祭・里山紀行」の様子をご紹介して参ります。

Csc_0168

くびき駅をあとにした雪月花はいよいよトンネル区間へ突入。

ラグジュアリーな照明が車内の雰囲気を演出します。

Dsc_4257

トンネルの合間から垣間見る越後妻有の里山がなんとも言えません。

天然記念物「虫川の大杉」を横目に、列車は「鍋立山トンネル」へ突入です。「北越北線建設一の難工事区間」として名高い「鍋立山トンネル」。「65m掘って95m戻された」というトンネルです。なんと、

Csc_0163

北越急行様のファン向け演出、儀明信号場での行き違いが!!

(専属車掌注:単線鉄道は、どこかに行き違いの設備を設ける必要があり、駅以外の線路で、行き違いの設備だけを設けたものを「信号場」と呼びます。)

普通列車の高速通過を見ようと後部ハイデッキに群がる皆様。

Csc_0173

Csc_0164

長大トンネルの興奮冷めやらぬ中、列車は草間アートの待つまつだいへ。

ここから本日のメインイベントである下車ツアー「大地の芸術祭」です。お客様には芸術祭メイン会場の一つ「農舞台」と作品群をご覧いただきます。

Csc_0171

Csc_0170

Csc_0169

ここでおもてなしいただいたのは松之山温泉の女将さんたちと、北越急行の渡邉社長。入浴剤までプレゼントしていただきました。

Csc_0167

ちなみに松之山温泉といえば日本三大薬湯の一つ。要チェックですよ!

http://www.matsunoyama.com/

 (外部サイトへ飛びます)

ホームには、見送りを終えてプライベートで応援に駆け付けたトキ鉄運転士の姿も。今回直接関わらない社員にとっても大きなイベントなんです。

Csc_0175

Csc_0176

たまたま遠足で訪れていた園児の皆様は銀朱色の見慣れぬ列車に興味津々。

小さな来客に専属車掌もこの表情。

Csc_0181

Dsc_4240

再びお客様を乗せた雪月花は、68系特急はくたか号の石像に見送られまつだいを出発。信濃川の長い鉄橋を渡り、いざ河岸段丘の十日町に突入です。

Csc_0193

Csc_0184

Csc_0185

十日町の駅では駅長様と観光協会の皆様、そして舞踊協会の皆様の踊りで盛大にお出迎えいただきました。

揃いの着物ときれいな踊りは壮観。皆様、ありがとうございました。

Csc_0188

Csc_0186

お客様は再び途中下車。「キナーレ」と「クロス10」にご案内です。

Dscn2438

次回は六日町を超えJR上越線へ。あの人が登場します。

ご期待ください。

2018年9月12日 (水)

ほくほく線の乗務日記・前編

こんにちは。前回のブログから随分時間が経ってしまいました。

実はこの間、他社線乗入れ第4弾(※)の準備をしていたのです。

 

「大地の芸術祭・里山紀行」のご案内(PDF)はこちら

 

これです!いよいよ、ほくほく線への乗入れが実現しました!

今回から複数回にわたって、その様子をご紹介して参ります。

Csc_0132

この「大地の芸術祭・里山紀行」は3年に1度開催されるアートの祭典「大地の芸術祭」(大地の芸術祭実行委員会)をきっかけとしており、新潟県内の2つの第三セクター鉄道が初めて本格的に連携するという大きな一歩で、沿線の皆様にも多大なるご協力を頂戴しています。

Csc_0130

1i2a1615

Csc_0131

上越妙高駅ではささやかなセレモニーを行い、そこに雪月花が滑り込みます。

なんと、普段は「越乃Shu*Kura」号の見送りをしておられるJR上越妙高駅の皆様まで駆けつけていただきました。

Csc_0134

「大地の芸術祭・里山紀行、越後湯沢行き、間もなく発車時刻です。」

専属車掌が車外マイクで呼びかけると、旅の始まりです。

1i2a1630

たくさんの皆様に見送られ、6時間40分の旅をスタートさせた雪月花。

妙高山麓の二本木、妙高高原を経てトキ鉄沿線を堪能していただいてから、ほくほく線、大地の芸術祭へと向かいます。

Csc_0140

妙高高原から妙高はねうまラインを一気に下った雪月花は大勢のトキ鉄社員が待つ本社所在地、直江津へ。

Csc_0145

Csc_0148

「今日はこっちに行くんやったな!」

と課長さんたち。笑顔で見送り位置にスタンバイします。

Csc_0152

Csc_0154

汽笛の声も高らかに、雪月花はえちごトキめき鉄道・直江津駅を後にします。

ここからがトキ鉄の怒涛のお見送りです。

まずは左側に設備センター。この線路との親和感。

Csc_0155

Csc_0157

直江津運転センターは流石運転系!所長以下等間隔に整列です。

社員の皆さん、ありがとうございました!

Csc_0158

昨年の新潟行きに続き2度目の関川を渡ってJR信越本線へ。

お客様の雰囲気もやおら緊張感と高揚感に包まれてきます。

Csc_0192

犀潟駅を通過して分岐を渡り、「ATS(自動列車停止装置)」は「P型」に。

いよいよ北越急行・ほくほく線に入ります。まさに、歴史的な瞬間です!

運転士が一気にノッチを投入し、頸城平野に雪月花のエンジン音を轟かせます。

Dsc_4004

Dsc_4027

ほくほく線は入ってすぐがもうハイライト。

黄金色の稲穂が一面頭をもたげる平野の中、左に米山、右に頸城三山を見ながら真っすぐ進みます。

その美しさ。

車内は一瞬の歓声のあと静寂に包まれます。

Dsc_4032

Csc_0161

Dscn2408

くびき駅のアートな駅舎を見学し、列車は「越後妻有地区」へと進みます。

Csc_0129

では、次回をお楽しみに。

(※冬期特別運行便を除く)

2018年5月11日 (金)

信州上田への乗務日記・番外編

こんにちは。

2回連続でお伝えした、4月13日の特別運行「上越高田・上田号」。今日は番外編としてその舞台裏をご紹介したいと思います。

180214_toki_poster_ueda_b1

ご覧ください。このセンスを感じるポスターを。

デザインはもちろん川西デザイナーです。

「企画を知った段階からこのデザインが浮かんでいました。」

と振り返る渾身の作は、中心に「毘」を配置した上越沿線の皆様が胸を熱くするデザインです。

Img_0934

Img_0942

上越、上田の両市で大々的に記者会見が行われ、発売した商品が即日完売した頃、こっそり行われたのが試運転。

観光列車「ろくもん」が、高田駅にやって来ました。

Dsc_2449

初めてのトキ鉄線内の走行のため、運転士をはじめとしたトキ鉄のスタッフも緊張の連続です。

沿線にはファンの皆様がたくさんいらっしゃいました。

Dsc_2455

ろくもん客室乗務員の皆様は高田駅で記念撮影、

かけ声はもちろん「ハイ、ろくもん~♪」。

Dscn1956

さて、運行日が迫った4月某日。快晴のこの日、ついに雪月花の試運転です。

社長の嶋津が乗り込み、入念に沿線の見どころと車内の演出をチェックします。

Dscn1993

Dscn1992

初めて善光寺平に降り立つ雪月花。

「冠着太鼓」での盛大なおもてなしが予定されている戸倉駅では、お客様の動線を確認します。

Dscn1968

Dscn1974

Dscn1975

駅員さんのDIYだという木の壁が印象的な戸倉駅は、戸倉上山田温泉の玄関口で、そば屋さんや喫茶店が現役の魅力的な駅です。

Dscn1973

Dscn1976

ろくもんも停車実績がない三才駅は専属車掌のチョイス。

さらなる魅力がないか、危険な箇所はないか、チェックです。

Dscn1983

Dscn1985

Dscn1988 ホームがカーブしているので、大きな段差に注意が必要ですね。

Dscn1990

Dscn1981

Dscn1991

しな鉄線内は専属車掌とは別に本務の車掌が乗務します。このお二人を紹介しなくてはいけませんね。

しなの鉄道様で車掌の指導を担当されていらっしゃる寺島さん(左)と当日の乗務を担当してくださる佐藤さん(中)。お世話になりました。

Dscn1996

Dscn1998

Dscn1997

続いて牟礼駅では、明治時代から現役の跨線橋も確認し、ファンの方の質問に備えます。「越屋根(こしやね)」が美しい牟礼の駅舎は、観光協会の事務所としても活用されています。

Dscn2000

名物だった天狗のモニュメントは老朽化のため、新しいモニュメントに変更されています。こちらもきれいですね。図柄は飯綱名物の林檎です。

Dscn2003

飯縄山、黒姫山と北信五岳の山麓を走行した雪月花は一気に高田へ。

高田駅ではお出迎えイベントに備え、広いホームに停車させます。入念に停止位置の確認をします。

Dscn2008

Dscn2011

Dscn2012

最後に、川西氏デザイン、燕振興工業謹製の特製サボを差し込みます。

Csc_0087

かくして、雪月花とろくもんは川中島を越えて、無事に特別運行を務めることができました。

今後とも、折に触れて特別運行(他社線への乗入れ)を実施して参ります。

皆様、応援よろしくお願いします!

Dscn1979

2018年4月28日 (土)

信州上田への乗務日記・後編

こんにちは。今日は前回に引き続き、4月13日の特別運行「上越高田・上田号」午後便の様子をご紹介して参ります。

Csc_0087

上越、上田の両市、両商工会議所の繋がりを背景に、その懸け橋として相互乗入れを拝命した観光列車「ろくもん」と「えちごトキめきリゾート雪月花」。

川中島を越えて信州上田まで。壮大な運行へいざ、出陣!ということで、ついに上田駅に到着した雪月花。

Csc_0066

甲冑駅長として有名な酒井駅長がこの笑顔でポーズです。

隣県のリゾート列車をとても歓迎してくださる長野の皆様。ほんとうにありがとうございます。

そして、

Csc_0067

感動している場合ではありません。

これから短い時間で折返し、午後便のお客様を迎えます!

Csc_0068

Csc_0070

長野をはじめとした県外の皆様で満席となった「上越高田・上田号」午後便。越後高田へ向け、いざ出発です。

上田の皆様、約100名でお見送りいただきました。上田城を横目に、短い滞在を終えた雪月花はゆっくりとエンジンをふかします。

Csc_0075

列車はすぐに戸倉駅へ。お客様は温泉茶をお楽しみになりますが・・・

「冠着太鼓」の皆様はなんだかソワソワしています。

Csc_0076

Csc_0077

ファンの皆様がカメラを構えるそこに!

Csc_0078

ろくもんです。観光列車「ろくもん」号が雪月花の真横に!

Csc_0080

運行時刻の関係で2分間。戸倉駅で相見えた両者。実は、真横に並ぶようにしなの鉄道様が「ろくもん」号の到着ホームを変更してくれたのです。

なんと素晴らしい演出!!ファンの皆様は夢中でシャッターを切ります。

Csc_0083

Csc_0084

Csc_0085

「冠着太鼓」の力強い演奏の中、戸倉駅の皆様、戸倉運輸区の皆様、「ろくもん」客室乗務員の皆様、さらには運行補助で出張した弊社のスタッフにも見送られ、ゆっくり、ゆっくりと戸倉駅を後にします。

Csc_0086

川中島を快走した雪月花は長野のベッドタウン、三才駅へ。ここはまさに「三才児の聖地」。「ウェルカム三歳児プロジェクト」の皆様と「サイまる」が雪月花を歓迎してくださいます。

Csc_0088

Csc_0089

お客様の中には駅前の「おやき」をお求めになる方も。長野名物の「おやき」。こちら三才駅前の「おやき」は「蒸しおやき」。写真がないのが残念!

リンゴ畑を越えて雪月花は一路、急勾配区間に。

Csc_0092

桜が満開の牟礼駅に滑り込みました。ここでのお出迎えは、ん?

Csc_0091

「みつどん」です。

Csc_0095

飯綱町のPRキャラクターがテーマソングをバックに自らりんごジュースを振舞ってくれました。このジュースが美味!ありがとうございます!

Csc_0097

県境を越え、「頸城平」に一気に舞い降りた雪月花は、村山上越市長をはじめとした上越の面々が待ち受ける高田駅に無事、戻って参りました。

ホームに降り立つお客様の笑顔。また、直接お褒めの言葉を頂戴したお客様。初めての上田への乗務で緊張の連続だった私たちにとって、最高の贈り物です。ご乗車ありがとうございました。

Csc_0082

次回は当ブログ名物の舞台裏を少しご紹介したいと思います。

お楽しみに!

2018年4月18日 (水)

信州上田への乗務日記・前編

こんにちは。更新が滞っていて申し訳ございません。

冬期特別運行を無事終えた雪月花は、実は通常運行の合間に大きなイベントの準備をしていたのです。それが4月13日の特別運行「上越高田・上田号」です。

 

「上越高田・上田号」についてはこちら(PDF)

 

昨秋の、JR様の要請で運行した他社線乗入れとは異なり、我々が自ら商品を販売する本格的な運行の第一弾。

今回は、その様子をご紹介して参ります。

Csc_0042

上越、上田の両市、両商工会議所の繋がりを背景に、その懸け橋として相互乗入れを拝命した観光列車「ろくもん」と「えちごトキめきリゾート雪月花」。

「妙高はねうまライン」から「しなの鉄道北しなの線」「JR信越本線」「しなの鉄道線」を経由し、川中島を越えて信州上田まで。壮大な運行へいざ、出陣です。

Csc_0032

Csc_0035

午前便は直江津、高田、上越妙高の各駅からご乗車いただける設定としており、専属車掌が緊張気味に手笛を吹鳴すると、サポーターズクラブの皆様に見送られ、雪月花はゆっくりと直江津駅を後にします。

Csc_0039

春日山にも見送られた雪月花は高田駅に滑り込みます。今回の時期設定は「高田城百万人観桜会」と「上田城千本桜まつり」を背景としており、高田駅がメインの起点です。ここでは地元園児の皆様が集まってくださいました。

Csc_0040

Csc_0041

そしてなんと、御館様(上杉謙信公)が!!記念すべき上田への初陣を見送るため、御自らご出陣いただきました。「上杉おもてなし武将隊」の皆様、ありがとうございました。

Csc_0046

続いて列車は、スイッチバックを経て二本木駅へ。

通常便と同様、専属車掌が「二本木駅ミニツアー」にご案内します。地元上越からご乗車の皆様も、なかなか訪れることのない二本木に興味津々のご様子です。

Csc_0047

Csc_0048

Csc_0050

東條管理駅長に見送られ、列車は急勾配を登ります。

Csc_0052

Csc_0053

ご覧ください、この美しい「妙高山」を。「はねうま」がはっきり浮き出た「越後富士」も、初陣を祝っています。

一方車内ではワインのサービスが始まります。

Csc_0054

今回は「岩の原葡萄園」様との初コラボ。「日本のワインぶどうの父・川上善兵衛」の生誕150年を迎えた「岩の原葡萄園」より、企画部長でソムリエの鋤柄様にご乗車いただき、自慢のワインをサービスしていただきます。

Csc_0060

Csc_0055

「逆Ω」を俯瞰した雪月花は県境を越え、長野県へ。まさに歴史的な瞬間です!

旧北国街道沿いの「しなの鉄道・北しなの線」、「関川の関所」「小林一茶の故郷・柏原宿」と、名所旧跡が続きます。

Csc_0058

「武州加州道中境」の牟礼駅では満開の桜がお出迎え。ここは江戸から金沢への加賀前田藩の大名行列のちょうど中間地点。JR時代は牟礼駅から東京と金沢の運賃が同じだったんだとか。

Csc_0057

「北信五岳」の「飯綱山」を振り返りながら、「善光寺平」へ下ります。

長野のベッドタウンを快走した雪月花は最後の停車駅、戸倉へ。

Csc_0061

Csc_0059

「姨捨伝説」でお馴染みの「冠着山」が後方にそびえ、「戸倉上山田温泉」の玄関口である戸倉駅。「冠着太鼓」と温泉のお湯で淹れたお茶が雪月花を盛大にお出迎えです。

Csc_0073

「北信五岳」の美しい山並み、山あいの満開の桜、広大なリンゴ畑とベッドタウンの快走、そして因縁の地「川中島」・・・あっという間の3時間です。

列車は「真田三代の城下町」上田に到着してしまいました。

Csc_0063

ホームにはしなの鉄道様の玉木社長をはじめとした大勢の皆様が!

雪月花の初陣の喜びを、お客様、クルーと一体になって分かち合いました。

上田の皆様、本当にありがとうございました。

しかしっ!今回の雪月花はこれで終わりではありません。そう、午後便です。

Csc_0078

午後便ではなんと・・・

ここから先は次回、お伝えします。お楽しみに!