2018年11月29日 (木)

冬の訪れ

こんにちは。

今日は少し乗務日記を離れ、普段の雪月花センターの様子をご紹介します。

4

冬の足音が近づいた晩秋のある日、デザイナーの川西康之氏を車庫にお招きし、クルーが説明を受けます。

細部まで熟知している雪月花についてでも、定期的にデザイナーの熱い思いを聴くと、新たな発見があるものです。

1

2

イチバンセン様、川西先生、ありがとうございました。

Dscn2790

さて、雪月花の冬といえばご存知、「雪国の雁木通りツアー」ですね。

「冬期特別運行パンフレット(PDF)」をダウンロード

この日は今年初めての冬を迎えるアテンダントが専属車掌と高田市街をまわり、レクチャーを受けます。

Dscn2783

Dscn2784

Dscn2786

百年映画館「高田世界館」を前に、高田の文明開化について学びます。

Dscn2788

Dscn2792

Dscn2793

もちろん、「雁木町家」の基本的な造りや意義についてもじっくりと。

「旧今井染物屋」をあとにした一行は「きものの小川」へ。

Dscn2794

「瞽女ミュージアム高田」の事務局でもいらっしゃるご主人・小川善司氏より、越後上越の歴史と「瞽女さん」についてご講義いただきました。

二人ともとっても真剣です。。。(難しくて復習が大変!)

Dscn2797

さて、いよいよ今週末から冬期特別運行がスタートします!

まだご予約頂けるお席もございます。

皆様のお電話、お待ちしております。

2018年10月23日 (火)

ほくほく線の乗務日記・特別編

こんにちは。

今日は先日までにご紹介した「大地の芸術祭・里山紀行」のオフショットを掲載したいと思います。

普段、裏側のストーリーはあまりお出ししませんが、今回は多くの方々に支えられましたのでちょっとだけ。

Csc_0198

車掌業務を担当してくださった上村運転士(左)と本務の内山運転士(右)。

なんと、ベテラン電車運転士の内山さんは、雪月花の運転をするために、気動車の免許を取得してくださったのです!

北越急行様、ありがとうございました。

Csc_0178

ホックン・・・階段をありがとう。

Csc_0228

越後湯沢駅の山口駅長。輝く白服でのお出迎え、ありがとうございました。

旅の締めくくりは万全でした。

Dscn2373

下井さん、いつもありがとうございます。

(なぜかこの写真、駅弁を持っていません!)

Sabo

もちろん、川西康之デザインのサボを。

前日に専属車掌が挿入しました。

今回のサボは・・・(詳細はまた次回)

Dsc_4323

2018年10月 5日 (金)

ほくほく線の乗務日記・後編

こんにちは。今日は「大地の芸術祭・里山紀行」のクライマックスです。

Csc_0203

大地の芸術祭を堪能されたお客様を乗せ、十日町駅をあとにする雪月花。

十日町市観光協会様の盛大なお見送りを受け、ここからダメ押しの演出が続きます!

Csc_0208

特徴的な十日町の高架を緩やかに加速していったかと思うと、

Csc_0210

筒石駅・・・ではありません!美佐島駅です!!

全国で5箇所しかないトンネル駅のうちの一つに雪月花が滑り込みます。

(ちなみに5箇所のうち3箇所が新潟県なんですよ。)

常連様もこの表情!

Csc_0211

Csc_0214

短い停車時間ですのでお客様の動向から目が離せません。

長いトンネルを抜けるとそこには、

Csc_0215

魚沼っ!!!

少し八海山には雲がかかっているようですが、魚沼の広大な田んぼがお出迎えです。ここから高架を降りていくとついに北越急行様の本拠地、六日町駅です。

が、

通過します。

北越急行様のファン向け演出、「特急はくたかを彷彿させる通過ルート」!!

Csc_0217

雪月花はほくほく線のホームに入る手前でJRの線路に突入し、往年のルートで六日町駅を通過して行きます。粋な演出に後部ハイデッキに群がる皆様。

北越急行の皆様、ありがとうございました。

Csc_0195

さて、ここからがクライマックス。

列車はJR上越線に突入するという本日2度目の歴史的瞬間を迎えます。

風光明媚な車窓にゆったりとした時間が流れる中、運転士が微笑みながら減速を始めます。

_m5b0562

皆さん、この方をご存知でしょうか?

そう、ライフスタイル雑誌「自遊人」の編集長にして、人気旅館「里山十帖」を手がけるクリエイティブ・ディレクター、岩佐十良氏です。

雪月花の調理企画・プロデュースとアドバイザーをご担当いただいているほか、来年の「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン」の総合プロデューサーとしてもお馴染みですね。

Csc_0219

JR上越線の大沢駅は「里山十帖」の最寄り駅、ホームには・・・

Dsc_4258

岩佐十良ご本人の登場です!!

Dsc_4271

初めて越後湯沢に向かう雪月花を自ら歓迎したいと、ご多忙の中、秘書の方お一人を伴って単身、お越しくださいました。

車内のお客様に深々と頭を下げる岩佐氏。

Csc_0224

1536579676756

続けて大きく手を振られる岩佐氏に、車内は感動に包まれます。

我々クルーもこみあげてくるものが。。。

Csc_0225

Dsc_4300

列車が見えなくなるまで、深いおじぎと大きなお手振りを繰り返していただきました。

感動的な対面を終えた雪月花は、ついに終点、上越新幹線の越後湯沢駅へ。

こちらではJR越後湯沢駅長様が横断幕にてお出迎えいただきました。

Csc_0227

Csc_0229

北陸新幹線の上越妙高駅を出て6時間40分。お客様はとてもご満足いただいたようで、「ありがとう」「楽しかったわ」と口々に感謝のお言葉を述べられて列車をあとにされます。

ご乗車いただきました皆様、ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。雪月花はまた一つ、大きな特別運行を終えることができました。

Dscn2460

では、次回からのアテンダントブログでは、恒例の舞台裏をご紹介して参ります。

おかげさまで秋の雪月花はほぼ満席のご予約をいただいております。冬期特別運行も近付いて参りました。皆様のご乗車お待ちしております。

2018年9月19日 (水)

ほくほく線の乗務日記・中編

こんにちは。今日は前回に引き続き、9月7日の特別運行「大地の芸術祭・里山紀行」の様子をご紹介して参ります。

Csc_0168

くびき駅をあとにした雪月花はいよいよトンネル区間へ突入。

ラグジュアリーな照明が車内の雰囲気を演出します。

Dsc_4257

トンネルの合間から垣間見る越後妻有の里山がなんとも言えません。

天然記念物「虫川の大杉」を横目に、列車は「鍋立山トンネル」へ突入です。「北越北線建設一の難工事区間」として名高い「鍋立山トンネル」。「65m掘って95m戻された」というトンネルです。なんと、

Csc_0163

北越急行様のファン向け演出、儀明信号場での行き違いが!!

(専属車掌注:単線鉄道は、どこかに行き違いの設備を設ける必要があり、駅以外の線路で、行き違いの設備だけを設けたものを「信号場」と呼びます。)

普通列車の高速通過を見ようと後部ハイデッキに群がる皆様。

Csc_0173

Csc_0164

長大トンネルの興奮冷めやらぬ中、列車は草間アートの待つまつだいへ。

ここから本日のメインイベントである下車ツアー「大地の芸術祭」です。お客様には芸術祭メイン会場の一つ「農舞台」と作品群をご覧いただきます。

Csc_0171

Csc_0170

Csc_0169

ここでおもてなしいただいたのは松之山温泉の女将さんたちと、北越急行の渡邉社長。入浴剤までプレゼントしていただきました。

Csc_0167

ちなみに松之山温泉といえば日本三大薬湯の一つ。要チェックですよ!

http://www.matsunoyama.com/

 (外部サイトへ飛びます)

ホームには、見送りを終えてプライベートで応援に駆け付けたトキ鉄運転士の姿も。今回直接関わらない社員にとっても大きなイベントなんです。

Csc_0175

Csc_0176

たまたま遠足で訪れていた園児の皆様は銀朱色の見慣れぬ列車に興味津々。

小さな来客に専属車掌もこの表情。

Csc_0181

Dsc_4240

再びお客様を乗せた雪月花は、68系特急はくたか号の石像に見送られまつだいを出発。信濃川の長い鉄橋を渡り、いざ河岸段丘の十日町に突入です。

Csc_0193

Csc_0184

Csc_0185

十日町の駅では駅長様と観光協会の皆様、そして舞踊協会の皆様の踊りで盛大にお出迎えいただきました。

揃いの着物ときれいな踊りは壮観。皆様、ありがとうございました。

Csc_0188

Csc_0186

お客様は再び途中下車。「キナーレ」と「クロス10」にご案内です。

Dscn2438

次回は六日町を超えJR上越線へ。あの人が登場します。

ご期待ください。

2018年9月12日 (水)

ほくほく線の乗務日記・前編

こんにちは。前回のブログから随分時間が経ってしまいました。

実はこの間、他社線乗入れ第4弾(※)の準備をしていたのです。

 

「大地の芸術祭・里山紀行」のご案内(PDF)はこちら

 

これです!いよいよ、ほくほく線への乗入れが実現しました!

今回から複数回にわたって、その様子をご紹介して参ります。

Csc_0132

この「大地の芸術祭・里山紀行」は3年に1度開催されるアートの祭典「大地の芸術祭」(大地の芸術祭実行委員会)をきっかけとしており、新潟県内の2つの第三セクター鉄道が初めて本格的に連携するという大きな一歩で、沿線の皆様にも多大なるご協力を頂戴しています。

Csc_0130

1i2a1615

Csc_0131

上越妙高駅ではささやかなセレモニーを行い、そこに雪月花が滑り込みます。

なんと、普段は「越乃Shu*Kura」号の見送りをしておられるJR上越妙高駅の皆様まで駆けつけていただきました。

Csc_0134

「大地の芸術祭・里山紀行、越後湯沢行き、間もなく発車時刻です。」

専属車掌が車外マイクで呼びかけると、旅の始まりです。

1i2a1630

たくさんの皆様に見送られ、6時間40分の旅をスタートさせた雪月花。

妙高山麓の二本木、妙高高原を経てトキ鉄沿線を堪能していただいてから、ほくほく線、大地の芸術祭へと向かいます。

Csc_0140

妙高高原から妙高はねうまラインを一気に下った雪月花は大勢のトキ鉄社員が待つ本社所在地、直江津へ。

Csc_0145

Csc_0148

「今日はこっちに行くんやったな!」

と課長さんたち。笑顔で見送り位置にスタンバイします。

Csc_0152

Csc_0154

汽笛の声も高らかに、雪月花はえちごトキめき鉄道・直江津駅を後にします。

ここからがトキ鉄の怒涛のお見送りです。

まずは左側に設備センター。この線路との親和感。

Csc_0155

Csc_0157

直江津運転センターは流石運転系!所長以下等間隔に整列です。

社員の皆さん、ありがとうございました!

Csc_0158

昨年の新潟行きに続き2度目の関川を渡ってJR信越本線へ。

お客様の雰囲気もやおら緊張感と高揚感に包まれてきます。

Csc_0192

犀潟駅を通過して分岐を渡り、「ATS(自動列車停止装置)」は「P型」に。

いよいよ北越急行・ほくほく線に入ります。まさに、歴史的な瞬間です!

運転士が一気にノッチを投入し、頸城平野に雪月花のエンジン音を轟かせます。

Dsc_4004

Dsc_4027

ほくほく線は入ってすぐがもうハイライト。

黄金色の稲穂が一面頭をもたげる平野の中、左に米山、右に頸城三山を見ながら真っすぐ進みます。

その美しさ。

車内は一瞬の歓声のあと静寂に包まれます。

Dsc_4032

Csc_0161

Dscn2408

くびき駅のアートな駅舎を見学し、列車は「越後妻有地区」へと進みます。

Csc_0129

では、次回をお楽しみに。

(※冬期特別運行便を除く)