2018年7月23日 (月)

この夏、雪月花で。

皆様こんにちは。

雪月花に3度目の夏がやって参りました!

122

夏の雪月花と言えば、銀朱色のボディーに太陽が燦燦と降り注ぎ、緑むせ返る妙高山麓と真っ青な日本海、ですね。

054

176

016

(写真はイメージ)

今年の夏は皆様、ご家族で雪月花にいらっしゃいませんか?

我々雪月花では初めて、子どもプランをご用意いたしました!!

Cimg3989

詳しくはチラシをご覧ください。

「子どもプランについて」をダウンロード

今回は特別なお食事やお土産、さらにはスペシャルサービスとして運転台での記念撮影をご用意しています!

Photo

(写真は過去の一般車両でのイベント)

普段は大人のイメージが強い雪月花ですが、ぜひ、この夏はご家族三世代での思い出作りにもご利用ください。

そして皆様にはこの2人をご紹介しておきましょう。

Dscn2174

関アテンダント(左)と髙橋アテンダント(右)です。

新入社員として4月より仲間に加わり、すでに雪月花に乗務しています!

新しいプランやメンバーを迎え、この夏も皆様の御乗車をお待ちしております。

2018年7月 4日 (水)

雪月花がほくほく線を走ります。

皆様、ご無沙汰しており申し訳ございません。

今日は、特別運行「大地の芸術祭・里山紀行」のお誘いです!

Dsc_0200t

(画像は秋の雪月花イメージ)

昨年始まった大好評の他社線乗入れ。JR大糸線を皮切りにJR信越本線、しなの鉄道線に次ぐ第4弾は待望のほくほく線です。

特別運行「大地の芸術祭・里山紀行」について(PDF)をダウンロード

Aaaaa

先日、十日町市役所に於いてえちごトキめき鉄道と北越急行様の共同記者会見が行われました。

今回のツアーはなんと6時間40分のロングラン!長時間の途中下車で大地の芸術祭の会場へご案内するのが最大の目玉となっております。

Photo_by_osamu_nakamura

※イリヤ&エミリア・カバコフ「棚田」(Photo by Osamu Nakamura)

6

※レアンドロ・エルリッヒ「Palimpsest」

(見学作品の一例はいずれもイメージ)

また、JR東日本様の御協力で、上越線を初めて走行することも見逃せませんね。

ご予約の開始はいよいよ明日、7月5日(木)10時00分です!

Img_1877

(特別運行の新潟駅にて)

新潟県内の二つの第三セクター鉄道が初めて本格的にタッグを組み、両社長が「念願の」「待望の」と胸を躍らせる特別運行。

皆様のお電話、お待ちしております。

2018年5月17日 (木)

販売プロジェクト、出発進行!

こんにちは。えちごトキめきリゾート雪月花はこの4月、平成28年4月23日の運行開始から2周年を迎えることができました。

今日は通常の乗務日記をお休みして、専属車掌よりその関連イベントについて報告させていただきます。

Dsc_2645

「販売プロジェクト、出発進行。」と題し、4月22日(日)に初めて開催した廃品となった鉄道関連部品の販売会。

雪月花の2周年ということで、普段お出ししない雪月花に関連する商品を初めて出品いたしました!今回は解体された赤レンガや旧北陸本線の関連商品があることから、会場は糸魚川駅です。

Dsc_2655

ご覧ください。初めての試みで、とても集客に不安があったのですが、この行列です。先頭の方は前日からお並びいただいたとか!

Dsc_2677

時間となり、皆様にご挨拶申し上げ、いよいよ販売開始です。

Dsc_2682

先頭の方から順に、商品を選んでもらいます。

一方こちらは入札、抽選商品の受付けコーナー。

Dsc_2688

Dsc_2698

必要事項を記入して投書していただきます。雪月花の行先表示板(サボ)などは点数が少ないため、入札方式とさせていただきました。たくさんのご入札、ありがとうございました!

Dsc_2711

一方、即売となるレール文鎮や限定20個のレンガは、地元の方やお子様に大変人気。お品物によっては中村糸魚川駅長が梱包をお手伝いです。

Dsc_2703

「第1回トキ鉄販売プロジェクト」は入札、抽選方式を中心としたため、即売の商品は少なく、約45分間で完売となりました。

「販売プロジェクト」という名称には、単なるファンサービスではなく、第3セクターの地方鉄道があらゆる増収策に取り組む姿勢、さらに、貴重な鉄道遺産を、大事にしてくれる方に保管、活用していただきたい、という意味や願いが込められています。

Dsc_2663

今後とも、魅力あり、かつ意義のある販売プロジェクトの企画を用意して参ります。どうぞご期待ください!

2018年5月11日 (金)

信州上田への乗務日記・番外編

こんにちは。

2回連続でお伝えした、4月13日の特別運行「上越高田・上田号」。今日は番外編としてその舞台裏をご紹介したいと思います。

180214_toki_poster_ueda_b1

ご覧ください。このセンスを感じるポスターを。

デザインはもちろん川西デザイナーです。

「企画を知った段階からこのデザインが浮かんでいました。」

と振り返る渾身の作は、中心に「毘」を配置した上越沿線の皆様が胸を熱くするデザインです。

Img_0934

Img_0942

上越、上田の両市で大々的に記者会見が行われ、発売した商品が即日完売した頃、こっそり行われたのが試運転。

観光列車「ろくもん」が、高田駅にやって来ました。

Dsc_2449

初めてのトキ鉄線内の走行のため、運転士をはじめとしたトキ鉄のスタッフも緊張の連続です。

沿線にはファンの皆様がたくさんいらっしゃいました。

Dsc_2455

ろくもん客室乗務員の皆様は高田駅で記念撮影、

かけ声はもちろん「ハイ、ろくもん~♪」。

Dscn1956

さて、運行日が迫った4月某日。快晴のこの日、ついに雪月花の試運転です。

社長の嶋津が乗り込み、入念に沿線の見どころと車内の演出をチェックします。

Dscn1993

Dscn1992

初めて善光寺平に降り立つ雪月花。

「冠着太鼓」での盛大なおもてなしが予定されている戸倉駅では、お客様の動線を確認します。

Dscn1968

Dscn1974

Dscn1975

駅員さんのDIYだという木の壁が印象的な戸倉駅は、戸倉上山田温泉の玄関口で、そば屋さんや喫茶店が現役の魅力的な駅です。

Dscn1973

Dscn1976

ろくもんも停車実績がない三才駅は専属車掌のチョイス。

さらなる魅力がないか、危険な箇所はないか、チェックです。

Dscn1983

Dscn1985

Dscn1988 ホームがカーブしているので、大きな段差に注意が必要ですね。

Dscn1990

Dscn1981

Dscn1991

しな鉄線内は専属車掌とは別に本務の車掌が乗務します。このお二人を紹介しなくてはいけませんね。

しなの鉄道様で車掌の指導を担当されていらっしゃる寺島さん(左)と当日の乗務を担当してくださる佐藤さん(中)。お世話になりました。

Dscn1996

Dscn1998

Dscn1997

続いて牟礼駅では、明治時代から現役の跨線橋も確認し、ファンの方の質問に備えます。「越屋根(こしやね)」が美しい牟礼の駅舎は、観光協会の事務所としても活用されています。

Dscn2000

名物だった天狗のモニュメントは老朽化のため、新しいモニュメントに変更されています。こちらもきれいですね。図柄は飯綱名物の林檎です。

Dscn2003

飯縄山、黒姫山と北信五岳の山麓を走行した雪月花は一気に高田へ。

高田駅ではお出迎えイベントに備え、広いホームに停車させます。入念に停止位置の確認をします。

Dscn2008

Dscn2011

Dscn2012

最後に、川西氏デザイン、燕振興工業謹製の特製サボを差し込みます。

Csc_0087

かくして、雪月花とろくもんは川中島を越えて、無事に特別運行を務めることができました。

今後とも、折に触れて特別運行(他社線への乗入れ)を実施して参ります。

皆様、応援よろしくお願いします!

Dscn1979

2018年4月28日 (土)

信州上田への乗務日記・後編

こんにちは。今日は前回に引き続き、4月13日の特別運行「上越高田・上田号」午後便の様子をご紹介して参ります。

Csc_0087

上越、上田の両市、両商工会議所の繋がりを背景に、その懸け橋として相互乗入れを拝命した観光列車「ろくもん」と「えちごトキめきリゾート雪月花」。

川中島を越えて信州上田まで。壮大な運行へいざ、出陣!ということで、ついに上田駅に到着した雪月花。

Csc_0066

甲冑駅長として有名な酒井駅長がこの笑顔でポーズです。

隣県のリゾート列車をとても歓迎してくださる長野の皆様。ほんとうにありがとうございます。

そして、

Csc_0067

感動している場合ではありません。

これから短い時間で折返し、午後便のお客様を迎えます!

Csc_0068

Csc_0070

長野をはじめとした県外の皆様で満席となった「上越高田・上田号」午後便。越後高田へ向け、いざ出発です。

上田の皆様、約100名でお見送りいただきました。上田城を横目に、短い滞在を終えた雪月花はゆっくりとエンジンをふかします。

Csc_0075

列車はすぐに戸倉駅へ。お客様は温泉茶をお楽しみになりますが・・・

「冠着太鼓」の皆様はなんだかソワソワしています。

Csc_0076

Csc_0077

ファンの皆様がカメラを構えるそこに!

Csc_0078

ろくもんです。観光列車「ろくもん」号が雪月花の真横に!

Csc_0080

運行時刻の関係で2分間。戸倉駅で相見えた両者。実は、真横に並ぶようにしなの鉄道様が「ろくもん」号の到着ホームを変更してくれたのです。

なんと素晴らしい演出!!ファンの皆様は夢中でシャッターを切ります。

Csc_0083

Csc_0084

Csc_0085

「冠着太鼓」の力強い演奏の中、戸倉駅の皆様、戸倉運輸区の皆様、「ろくもん」客室乗務員の皆様、さらには運行補助で出張した弊社のスタッフにも見送られ、ゆっくり、ゆっくりと戸倉駅を後にします。

Csc_0086

川中島を快走した雪月花は長野のベッドタウン、三才駅へ。ここはまさに「三才児の聖地」。「ウェルカム三歳児プロジェクト」の皆様と「サイまる」が雪月花を歓迎してくださいます。

Csc_0088

Csc_0089

お客様の中には駅前の「おやき」をお求めになる方も。長野名物の「おやき」。こちら三才駅前の「おやき」は「蒸しおやき」。写真がないのが残念!

リンゴ畑を越えて雪月花は一路、急勾配区間に。

Csc_0092

桜が満開の牟礼駅に滑り込みました。ここでのお出迎えは、ん?

Csc_0091

「みつどん」です。

Csc_0095

飯綱町のPRキャラクターがテーマソングをバックに自らりんごジュースを振舞ってくれました。このジュースが美味!ありがとうございます!

Csc_0097

県境を越え、「頸城平」に一気に舞い降りた雪月花は、村山上越市長をはじめとした上越の面々が待ち受ける高田駅に無事、戻って参りました。

ホームに降り立つお客様の笑顔。また、直接お褒めの言葉を頂戴したお客様。初めての上田への乗務で緊張の連続だった私たちにとって、最高の贈り物です。ご乗車ありがとうございました。

Csc_0082

次回は当ブログ名物の舞台裏を少しご紹介したいと思います。

お楽しみに!